« 電車に跳ねられても無事な人 | トップページ | 暑くても冷房を控える理由 »

2005年7月31日 (日)

隅田川の花火大会

 夏の風物詩の代表格と言えばもちろん花火でしょう。なかでも隅田川の花火大会はテレビ中継のお陰で全国どこにいても見ることが出来ます。昭和50年代まで中断と再開を繰り返してきた隅田川の花火大会ですが開始されたのは270年も前の徳川吉宗の時代でした。享保の大饑饉と蔓延しているコレラで死亡した人々の慰霊のため、幕府は隅田川で水神祭を行いました。その時に水茶屋が上げた何発かの花火がきっかけで毎年夏に花火が打ち上げられるようになったのです。安藤広重の浮世絵にも描かれている通り江戸の花火の主流はロケット花火でした。今の世のコンピューター計算された花火を吉宗が見たらどう思うか、花火大会が終わった後でふと考えていました。

hanabi1

うちのベランダから見た第一会場の花火です。

hanabi2

一番下が花火コンクールで優勝した「ダイヤの指輪」。花火でここまで表現出来るようになったんですね。

hanabi3

|

« 電車に跳ねられても無事な人 | トップページ | 暑くても冷房を控える理由 »

コメント

こんにちは。

今年は、まだ花火をみていません。
我が町では8月15日に花火大会があります。
でも、会場では花火よりも人の後頭部を見ることが多いような。。。

ベランダから花火がみられるなんて羨ましいです(^^)

投稿: furu | 2005年7月31日 (日) 12時56分

>furuさん、今晩は!
花火大会と聞いただけで、私なんかもう気もそぞろです。
やっぱり夏は花火ですね。
「金鳥の夏、日本の夏」ドーン。古いです彡(-_-;)彡

後頭部見物、確かにそうですね。
隅田川花火の日は大半の道路が規制で歩行者天国になるから、どの道も人が溢れるんですよ。そこへ道の真ん中でゴザを広げるツワモノ共が宴会したり合間を縫って立ち見するので、後頭部見物だではなく、&おしくらまんじゅう&足踏まれ大会&酔っぱらいゾロゾロです(^ー^;A

うちのベランダから見えるのは第一会場のみです。画像の通り、打ち上がっている花火全体の1/3ぐらいしか見えないんですけど(*^-^*)

投稿: もときち | 2005年8月 1日 (月) 00時04分

おはようございます。もときちさん。
「指輪」の花火を見に来ました。
ホント、ロマンチック。
いいなあ。てへへ。
由緒ある花火大会なのねえ。
もときちさんのいうとおり、
やっぱり夏は花火ですよ!
人ごみはとても駄目なんだけど・・・

ありがとう。
素敵な花火でした。

投稿: roka | 2005年8月 1日 (月) 10時18分

>rokaさん、こんにちは!
こちらこそ早速来て頂いてありがとうございます。
なんか催促してしまったようですね~(m--)m
これから花火大会まっさかり。
人込みがなければもっといいんでしょうが(*^-^*)
日焼けを気にしなくてもいいいデートなら断然花火がオススメです。いい思い出が出来たら詩を書いてくださいね。

投稿: もときち | 2005年8月 1日 (月) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120709/5236756

この記事へのトラックバック一覧です: 隅田川の花火大会:

« 電車に跳ねられても無事な人 | トップページ | 暑くても冷房を控える理由 »