« 俗人の意味とは? | トップページ | 煙草の試供品 »

2005年7月21日 (木)

食中毒予防の一品

 毎日暑いですね。これからが夏本番だと言うのにもう音をあげてしまっています。この暑さに昼食は冷たい麺類が中心になりました。胃腸が丈夫ではないので朝と夜はパンやご飯を食べていますが、一日一度は梅干しを食べます。最初はO157の予防のためだけでしたが、梅干しを食べるようになって体質が改善されたのかお腹を壊すこともなくなりました。お勧めはなんといっても国産の南紀梅干しです。価格は高めですが粒の大きさといい味といい申し分ありません。いつもと違う梅干しが食べたくなったら昆布を入れてみるといいでしょう。ダシを取った後の昆布を冷まし刻んで梅干しと一緒に入れておくと風味は格段と良くなりますし、昆布もまた甘酸っぱくていいおつまみになります。

lunch1  写真のメニューは、ざるそば、ごまだれのつゆ、梅干し、かぼちゃの煮物、小松菜のおひたし、グレープフルーツのヨーグルトかけです。

ume

|

« 俗人の意味とは? | トップページ | 煙草の試供品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120709/5076635

この記事へのトラックバック一覧です: 食中毒予防の一品:

« 俗人の意味とは? | トップページ | 煙草の試供品 »