« 飼い主の贅沢な悩み | トップページ | その46 「♀メダカ様の御一行」 見上げてごらん夜の星を編 »

2005年10月28日 (金)

お金持ちではないけれど

 数年前、デパートの浮世絵展を見に行った時、歌川広重の版画が気に入って購入しました。思えばそれが部屋のインテリアをカントリーから和とアジアンへ変わらせたきっかけとなったのです。でも実際のところ飾っているのは版画ではなくカラーコピー。お金持ちならば版画が褪色したつど買い換えるのでしょうが一庶民ではそういう贅沢は出来ません。けれど押し入れにしまいこんでいるお陰で美しい濃紺色の広重ブルーを眺められるのですから、お金持ちと同じような贅沢気分を味わっています。myroom1 myroom2

|

« 飼い主の贅沢な悩み | トップページ | その46 「♀メダカ様の御一行」 見上げてごらん夜の星を編 »

コメント

なるほど!ほんとですよね。カラーコピー。広重さまとまでは行きませんが、既に色あせたわたしの鈴木英人。

そして、どのみち色あせぬまでもブームが終わってなんとなく貼れない罠(笑)

今度なにか購入できるほどお金を持てたら、もときちさんみたく普遍的なものを選ぼう。ほんとに版画もお部屋もステキ♪

投稿: satokoto | 2005年10月29日 (土) 16時55分

>satokotoさん、
大受けしました、鈴木英人。マイアハッハ~と何回使うんだか(o^o^o)

広重のネコはいいですよ、まるまった姿勢の時に背中の骨がちょこんと浮いているところなんか、ネコ好きの心に迫る、ショッカー♪って感じで( ((-。-) ))寒っ!

たいした部屋でもないのにおホメの言葉をもらって、どうもどうもm(*._.)m


投稿: もときち | 2005年10月29日 (土) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120709/6693483

この記事へのトラックバック一覧です: お金持ちではないけれど:

« 飼い主の贅沢な悩み | トップページ | その46 「♀メダカ様の御一行」 見上げてごらん夜の星を編 »