« 姿を見せ始めたダルマメダカ | トップページ | バレンタインデー »

2006年2月13日 (月)

あさりの佃煮

 東京名物の佃煮。スーパーで見かける佃煮と違って、お店で計り売りされるものはグラム500円以上というのは珍しくありません。お味の方はいうと特売のカップラーメンと行列が出来るラーメン屋さんほどの違いがあるのです。休日は浅草まで自転車を飛ばして佃煮屋さんに佃煮を買いに行くのですが、都内のデパートに立ち寄った際は、普段買わないお店の佃煮を買い求めます。今回買い求めたのは新宿の伊勢丹地下にある葛飾柴又の丸仁さんのもの。塩辛くなく、噛むほどにあさりと生姜のうま味がじわっと滲んでくるので、お茶漬けにしたら何杯でもお代わりしそうです。ここだけの話ですが、浅草の佃煮屋さんで佃煮を買い求めるとき、試食出来ますと書かれていなくても「一口、試食させてもらえないですか?」と聞くと、どこのお店でも試食させてくれます。tsukudani1

|

« 姿を見せ始めたダルマメダカ | トップページ | バレンタインデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120709/8632698

この記事へのトラックバック一覧です: あさりの佃煮:

« 姿を見せ始めたダルマメダカ | トップページ | バレンタインデー »