« ハンダースのタマゴ | トップページ | パウンドケーキに夢中 »

2007年6月13日 (水)

初デート

 デートが終わって家へ帰ると、待ち構えていたように携帯が鳴った。友だちの佐織だ。
「よっ、お疲れ。カスミから聞いたよぉ、あんた未成年とデートしたんだって?」
 まったくカスミも口が軽いんだから。うん、まあねと言葉を濁す。カスミといい、佐織といい、何かにつけて「未成年」だと騒ぎ立てる。
「何もったいぶってんのよ、19歳の彼とどんなデートしたのか話なさいよ」
「佐織、ちょっとそれって命令?」
「だって最近、まれにみる面白そうな話だし」
「彼がね『新宿にいいところがあるから連れていってあげる』って言うの。それで、『どこ?』って聞いたら『着いてからのお楽しみ』って言ったから付いて行ったのよ」
「えっ、それってなんかやばそうな展開。で、どうなったの?」
「何もないって。あーあ、これだから大人の女は嫌だねぇ。彼は純情無垢なんだから」
「何が純情無垢よ、今ドキの子でそんなわけないじゃん。イヒヒヒヒ」
「今の笑い、魔女みたい。ともかく、新宿へ行ったら『人生で一番エキサイトする場所なんだ』って言ってゲーセン連れて行かれて、ごはん食べてバイバイしただけ。はい、デートの話はこれでオシマイ」
「ええ、何それぇー。 信じられなーい! で、次はいつ会うの?」
「決めてない。また今度ねって、次の約束はしないで別れたから」
「ひゅー、大人の余裕なんか見せちゃって。次のデートの時もちゃんと報告してよね」
 了解、了解と佐織の電話を切ると、また携帯メールを開いた。「ヨウコさん、今日は楽しかったです。また付き合ってください。おやすみなさい」にハートの絵文字マークが続いている。何度読み返しても口元が緩んでしまう。この新鮮さからはきっと逃れられないんだろうなと感じながら、コンビニで買ってきたおでんカップのフタを開けると、美味しそうな匂いが立ち込めた。

tohyouneko.gif
掌(たなごころ)小説は小説ランキングに参加していますので、もし面白いと思われましたら猫をクリックして投票して頂けますようお願い致します!

|

« ハンダースのタマゴ | トップページ | パウンドケーキに夢中 »

コメント

一票、入れてときましたよ(笑) もときちさん、ご本人はどんなところでデートするんですか?

投稿: ヨシ | 2007年6月14日 (木) 23時15分

>ヨシさん、いつも清き一票ありがとうございますm(*_ _)m

私のデートの場所ですか・・・水族館、熱帯魚ショップ、百貨店の熱帯魚コーナー。10回かに一回は美術館、映画館です(o^o^o)

投稿: もときち | 2007年6月18日 (月) 23時27分

すごい!

43歳だって本人に言った?
息子とデートしてるようなもん!

犯罪……と言うより夢みる『おばん』だね!

投稿: まめ吉 | 2007年6月26日 (火) 05時57分

すごい!

43歳だって本人に言った?
息子とデートしてるようなもん!

犯罪……と言うより夢みるおばんですね〜……

投稿: まめ吉 | 2007年6月26日 (火) 06時03分

まめ吉さん、期待を裏切るようで申し訳ないんですが、「short story」は小説なのでフィクションなんです~(m--)m

それはそうと、まめ吉さんが推測されているもときちの年齢。43歳ときましたかw
去年の秋には40歳と推測された方がいらっしゃいましたが、なんとこの半年で一気に3歳も歳を取ってしまったようで(^ー^;A
でも実際のところ、80歳のおばあちゃんだったりして(o^o^o)

投稿: もときち | 2007年7月 2日 (月) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120709/15405608

この記事へのトラックバック一覧です: 初デート:

« ハンダースのタマゴ | トップページ | パウンドケーキに夢中 »