« 二つのお花見 | トップページ | 涼む猫 »

2011年7月 1日 (金)

オヤジと女の子-女の子編

もうイヤ。なんで私だけこんな思いをしなきゃいけないの。いつも、いっつもオヤジの後始末ばかり。カンベンしてよ。もともと無理だったんだってば。お金もない、人脈もない、コネもない、そんなんで起業するなんて。それなのにオヤジったら「必ず成功してみせる」とか「1年後には上場する」とか、そんな寝言みたいなことを繰り返すだけ。ハッキリ言ってバカとしか言いようがないのよね。文句を言いたいのは公庫と銀行。たった2枚程度の事業計画書を持ってハッタリまくしたてるオヤジなんかに無担保で融資しちゃって。あの時、貸さずに断ってくれたら、こんな思いをしなくてもよかったのに。

この間のリスケの話だってそう。銀行に泣きつくどころか「いまお宅がリスケしてくれなかったら、うちは来年マザーズに上場できないでしょ」だなんて。聞いてて恥ずかしいったらありゃしない。その皺寄せであたしがどんなに迷惑を被っているのか、オヤジはこれっぽっちも考えてくれない。銀行の返済とオヤジの新規事業の投資のために、いまどき一日の食費を300円でやり過ごして、買いたいもの一つ買えず、友だちと遊びに行ったりも出来ない、そのうえ朝から夕方までバイトして稼いだお金はオヤジに持っていかれ、家に帰ってきたら、オヤジの会社の手伝いを無償でやってる。あたしって、いったいなんのために生きてるんだろう。起業して3年経てば少しは落ち着いた生活を送っていると思ったけど、落ちつくどころか、辛いわ苦しいわの連続。こんな生活だったら全部放り投げてしまいたい。ああ、また胃が痛くなってきちゃった。だって、あたし女の子なんだもん、強くなんかなれないよ。女の子は漢方胃腸薬の顆粒を喉に流し込み、水とともに一気に呑みほし、ベッドへ横になり目を閉じた。

翌朝、目覚めた女の子は気持ちが明るく爽やかになっていることを感じた。昨夜の胃の痛みもすっかり消えている。今日も一日300円の食費しかないけれど、これもすべては夢のため。「来年こそ上場するぞ、おおー!」と声高らかに一吠えすると、女の子の影は消え去り、いつものオヤジ女に戻っていた。

新年の続きを今頃で恐縮です(-"-;A ...アセアセ ぜひ一つ、応援のクリックをお願いいたします!

|

« 二つのお花見 | トップページ | 涼む猫 »

コメント

People in the world receive the loans in different banks, just because that is simple.

投稿: Wade26Iva | 2011年7月 9日 (土) 00時56分

はじめましてっ
アルファポリスでここを知りましたっ

クリックしておきましたよっ
がんばってくださいね^^

投稿: KIRIYA KAI | 2011年12月 6日 (火) 02時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120709/52096133

この記事へのトラックバック一覧です: オヤジと女の子-女の子編:

« 二つのお花見 | トップページ | 涼む猫 »